東立石保育園 公園に開かれつつ水害時は避難できる地域の砦-

密集した市街地に計画した、園児がのびのび遊べ保育士も保護者も安心出来る「家」、体を動かし考える力を養う「公園」、命の尊さや食への感謝を知る「学び舎」、および天井川の氾濫の際には地域の拠り所となる「砦」の、4つを兼ねる保育園。

近隣への配慮から平面は三方を閉じ公園にのみ開いたC型、立面は街並に合わせ分割。水害・火災時で上下へ逃げ分けられる回遊動線のうち、屋上へのスロープや大階段は年齢に応じた天井高や備蓄庫を生み出すとともに、園児と職員、地域住民を含めた数百名が、腰掛けながら救助を待つことが出来る設えとしている。

そうした様々なバランスを保ちながら、社会の変化に長期的に追随できる柔軟さをもつ、質と強度の高い空間を目指した。

  1. 敷地:東京都葛飾区
  2. 構造:RC造
  3. 規模:地上3階
  4. 用途:保育所
  5. 延床面積:1,296.63m²
  6. 竣工:2021.03
photo: shigeo ogawa
全景俯瞰